パチンコ花の慶次
皆様、お世話になります鉄です。
昨日は斬を8Kで見切り退散。その後は伝承者への道へと続きました。

本日は午前中家族サービス、
午後から草むしり、子供のチャリパンク修理を終えて15時過ぎから"やることはすべてやっただろう!スターシャ!”
と似ても似つかない家内をスターシャとヨイショし飛鳥のホールへ向かう鉄。
(別に飛鳥に興味があるわけではないですが)

むろん目当ては斬ですが、当然のように空き台なし。
ホール一周(あっ!おりん・・・だめだめ)し時系列にある肉へ。

====
割愛・・・後日肉のご報告ページへ掲載させて頂きます。
====

さて斬ですが、雲の彼方にのエッセンスをそのまま引き継いでいるような気がしてなりません。
確かに演出は増えてますが、それはあくまでも演出。それに左右されてはいけないと感じました。
617回転、当たり3回の捨て台。
小生が雲の彼方にから好む回転数の捨て台です。
時系列にも入ってます。しかも入ったばかり。
すぐにオープン打法の実践チャンス、その直後、直江赤→セリフ赤→ふへん!
直後に大義であったと猿登場!そこから斬初の百万石の酒を拝み8連まで延びました。
その後、グループが系列から外れているのはわかってたのですが、少し勉強。
やはりエッセンスは引き継がれている?
あれで入らなかったら(時系列から外れていましたから当然でしょうが)台が急変しました。

他に感じたことですが
・雲の彼方により入賞の開きが遅い?
・釘が厳しく当たり中の効率が悪い?
・時短で長引けば京楽台なら玉は増えるが、この台は現状維持が精いっぱいか?
・喧嘩、酒豪にまどわされてはいけない
・郷ひろみ、小林幸子の台に似ているか?
・雲の彼方にを打つイメージでヨシさんの作品を使いこなせばいけるのでは?
出玉MAX応援キャンペーンbyパチンコ情報本気で勝ちにいく
花の慶次~斬~オープン爆勝打法